煙道排ガス(NOx、SOx)分析機器

煙道排ガス

窒素酸化物(NOx)は、主に一酸化窒素(NO)と二酸化窒素(NO2)で、高温燃焼の際に、燃焼用空気中の窒素と酸素が酸化反応して生成されます。NOx自体が有害な気体で、光化学オキシダントの要因物質でもあります。

従来、これらの物質は非分散形赤外線吸収法(NDIR)や化学発光法(CL)により測定されていますがが、へレウスではUV共鳴吸収分光法(UV-RAS)に対応した光源(NOxモジュール)を市場に提案しています。

この光源では、従来方式で課題であった測定対象ガスと水分の吸収波長の重複を無視することが可能となり、加えてNOとNO2を個別に測定することが可能なため、リアルタイムモニタリングが必要な現場で導入、検討が進められています。