紫外線(UV)による光反応プロセス

有機合成のなかには、UVを照射することにより、大幅に反応が加速されたり、UV照射によってのみ合成が可能となったりするものがあります。

高度なUVソリューションでどのように光反応プロセスを行えるのでしょうか。

紫外線による光反応プロセスとは?

紫外線による光反応プロセス

紫外線による光化学プロセスは、化学合成において反応を促進かつ選択的に反応を進行させるのに理想的です。最適なランプの選択やバンドパスフィルター技術を用いることにより、スペクトル範囲を狭め、必要な波長のみを選択的に照射し、化学反応を行うことができます。合成光化学は、バッチ式反応釜とフロースルー式反応器の両方で、マクロ規模またはミクロ規模で行うことが可能です。

熱プロセスとは対照的に、光誘起反応は室温で起こり、敏感で不安定な物質の処理を可能にします。分解や副反応のリスクと廃棄率が最小限に抑えられます。

光マイクロリアクターを使用すると、需要に基づいた変換が可能になり、臨界状態の、例えば爆発性物質の処理も可能になります。

紫外線による利点

  • 選択的な反応の実行
  • 副生成物が少ない
  • 素材にやさしい方法
  • マクロ規模およびミクロ規模で使用可能
  • 腐食性化学物質を添加せずに汚染物質を分解可能

アプリケーション

  • 合成
  • 分析
  • 下水処理
  • 超純水の製造
  • 飲料用水処理
  • 医薬品および化粧品の研究
  • 飲料および食品産業

がん治療のための原薬(API)であるイリノテカン(カンプトテシン誘導体)の生産における誘起転位

光化学プロセス向け製品

  • 水銀中圧ランプ
  • 水銀低圧ランプ
  • LED
  • エキシマランプ
  • 無電極UVランプ