予防保全テクニカルサービス

システムの安定稼働を維持するためには、稼働環境、ファシリティー状態、劣化度合いを定期的に調査する必要があります。人間と同様に、日常の健康管理を怠れば突然病気(故障)になることがあります。症状の早期発見と故障を未然に防止し、設備の長期的な安定稼働をサポートいたします。

ヘレウスの予防保全

ヘレウスの推奨している予防保全は、一定周期で点検、補修部品交換を行う時間基準保全 (タイム・ベースト・メンテンナス 定期メンテナンス)です。

「予防保全」に対して、トラブル発生後に対応することを「事後保全」と言われています。「事後保全」では、ダウンタイムが増加し、生産機会の損失を発生させてしまいます。そのため、ヘレウスでは、トラブル発生前の予防保全を推奨しています。

予防保全を適切に行うことによって、以下のようなメリットがあります。

  • 突発的エラーの低減(MTBF*の延長)
  • ダウンタイム回避による効率化(生産機会損失の低減、生産量の向上)
  • 保全費用の予算化
  • 保全要員の作業時間の抑制
  • 保全要員の後継者問題の回避

*MTBFとは:Mean Time Between Failure の略でエラー発生平均時間のこと。

ヘレウスの予防保全の内容

お客様のご要望によりプランを調整いたします。

  • 消耗品パーツの交換
  • 装置の状態確認、修正作業
  • 装置パラメータ類の確認、それに基づく対応
  • 積算光量の測定
  • 供給電源品質の測定
  • ガラス類の清掃など
  • その他安定稼働を目的とした提案、対応など

実施間隔は1年に1回、もしくはご使用時間6000時間に1回を推奨しています。