燃料計用導体ペースト

燃料計は非常に厳しい環境下で動作しています。部品を構成する材料は全て、優れた耐性と信頼性を備えている必要があります。私たちは、このような要件を満たす様々な厚膜ペーストを提供しています。

燃料計用導体ペースト 画像ご提供: Continental Automotive GmbH

車の燃料は、水、アルコール、有機酸、硫黄化合物、タンク壁から溶出したフッ素などを含む可能性があり、アタックの強い液体ですが、燃料計はその中で動作する必要があります。したがって、燃料系の材料は優れた耐久性と信頼性を有している必要があります。

このうち、導体材料に要求されるのはマイグレーション耐性、耐薬品性および耐摩耗性です。

私たちは、このような燃料計に関する課題をクリアする、さまざまな厚膜ペーストを提供しています。

比較的低コストの対応製品として、Ag / Pdペースト(標準バージョンのC43xxシリーズ、新しい鉛フリーバージョンのC22xxシリーズ)をご提案いたします。

一部の自動車メーカーは、燃料計センサーにおいて銀(Ag)の使用を禁止しています。このようなより厳しい要件には、Au / Pt / Pd合金で対応する必要があります。C6011およびC6012は、長寿命かつ銀の硫化防止という、耐久性に関する要求を満たしています。

代表的な製品:

AgPd製品

  • C2210 (Ag/Pd比 0.8/1, Pbフリー)
  • C2220 (Ag/Pd比 2.1/1, Pbフリー)
  • C2230 (Ag/Pd比 3/1, Pbフリー)
  • C2240 (Ag/Pd比 4/1, Pbフリー)

Au製品

  • C6011 (Au/Pt/Pd)
  • C6012 (Au/Pt/Pd はんだ付け可能)
  • C6212 (Au/Pt/Pd はんだ付け可能, Pbフリー)