私たちの製品がサステナブルで環境に優しく、エネルギー効率が良い理由

環境、カーボンフットプリント、環境に配慮した
UV(紫外線)、IR(赤外線)、フラッシュ

気候サミット、FridaysForFuture(未来のための金曜日)、学生、政治家、環境保護活動家だけが未来を心配しているわけではありません。工業用特殊光源メーカーであるヘレウス・ノーブルライトは、よりいっそうのサステナビリティ(持続可能性)とエネルギー効率性に積極的に貢献しています。UV(紫外線)、IR(赤外線)、フラッシュテクノロジーは、多くの課題への挑戦に対応し、革新的で持続可能な生産プロセスに貢献しています。

ヘレウス・ノーブルライトの工業用特殊光源は、以下の例が示すように、再生可能エネルギーの生産と省エネルギーの両方を促進します。そのため、このような光を利用して、よりエネルギー効率の高い、つまりコスト効率の高い産業プロセスを詳細に検討する価値があります。

電気式赤外線システムによるCO2排出量を削減する方法

CO2 フットプリント

ヨーロッパでは、工業用加熱プロセスの約90%が、電気式ではないエネルギー源(ガス、石炭、石油)で行われていると言われています。このようなエネルギーの利用は、グリーン電力を選択することで、CO2排出量を特に削減できる可能性があります。またグリーン電力によって作られた電気による加熱方式は、より効果的に、より的確に加熱対象物にエネルギーを照射します。

フラッシュ、紫外線、赤外線が代替エネルギーの生成に貢献している?

フラッシュ、紫外線、赤外線が代替エネルギーの生成に貢献している?

太陽電池の製造では、フラッシュランプを用いたソーラーシミュレーションにより、太陽電池セルのより高い品質を確保することができます。赤外線ヒーターは、太陽電池の反射防止膜を真空中で、また風力発電のタービンブレードのコーティングを乾燥させます。e-モビリティ用のバッテリーや軽量化材料は、まったく新しい製造プロセスを必要としますが、赤外線や紫外線、フラッシュシステムは、これに貢献しています。

IR、UV、フラッシュの光は、どのようにお客様のシステムのエネルギー効率を高めるのに役立つのでしょうか。

赤外線ユニット

最新の赤外線、紫外線、フラッシュの光による照射技術は、製品に正確に焦点を当てることができ、従来技術のようにスタンバイ操作が不要です。この正確な調整により、不必要なエネルギーロスを省くことができます。

  • 赤外線や紫外線の光は透過させるのに媒体を必要としない
  • 赤外線ヒーターは加熱・乾燥プロセスにおいてエネルギー効率化を図る
  • 必要なときに必要なエネルギーを照射でき、応答性に非常に優れている

新しい素材やこれまでの化学品使用量の削減にも対応する赤外線、紫外線、フラッシュの光

ボトル内部の処理

現在新しい素材が次々と開発されています。バイオプラスチックもその一つです。コーンスターチから作られたバイオプラスチックは、例えばチョコレートのブリスターやトレイに使われています。赤外線ヒーターはここでも、熱成形する前にプラスチックを加熱する際に利用されています。これは、的確に制御できるためで、このようなセンシティブな材料の熱成形には有効です。

また、紫外線や赤外線を物品の表面(例えばコンベヤーベルトやパッケージなど)に照射することで、化学物質や防腐剤の使用を減らすことができます。環境に配慮したプロセスの構築が可能です。

エネルギー効率が良くサステナブルな赤外線、紫外線、フラッシュ

キセノン・フラッシュランプは、ソーラーセルの試験を確実にかつ安定的に行うために役立っています。

キセノン・フラッシュランプは、太陽と似た発光波長を持つため、信頼のおけるソーラシミュレータやセルテスタ用疑似太陽光として利用され、太陽光発電の最適化に貢献しています。

エネルギー効率に関するビデオをご覧ください。