赤外線による熱溶着プロセスとは?

パイプ、チューブ、タンク、耐圧性のフィルターハウジングなど、多くのプラスチック製品は、射出成形後、個々の部品をアッセンブルする必要があります。赤外線加熱は、プラスチック部品を溶着し、接着剤や固定装置などを必要としません。

このような方法は、多くの生産工程の手助けになっており、生産速度を加速させています。石英ガラス製赤外線ヒーターが製品や生産プロセスに一致していることで、プロセス時間の短縮とエネルギー削減の両方が実現し、溶着プロセスが効率的になります。

以下の写真は、プラスチックパイプの赤外線熱溶着工程の一例です。クリーンにそして非接触で溶着できることが分かります。

to top