原子吸光分析法(AAS)

原子吸光分析法(AAS)は、試料を高温中で原子化して、そこに光を照射し、吸収スペクトルを測定することで、試料中の元素の定量を行う分析方法です。

原子吸光分析法(AAS)向けランプ

原子吸光分析法(AAS)は、特定元素に対して高い選択性を示すため、飲用水中の不純物の含有量測定、食品中のアルミニウム検出など多くの分野で広く実績のある分析方法です。

原子吸光法では元素固有の波長の光を出すホロカソードランプを光源として用います。へレウスは単元素、複数元素に対応したホロカソードランプを豊富に取り揃えています。