UV LED硬化での製造

進行中のプロジェクトが多く、タイトなスケジュールに追われているプロセス設計・開発エンジニアにとって、装飾、ボンディングやシーリング、印刷やマーキング、機能性コーティングといったUV硬化技術を用いた生産プロセスを最新の状態に維持することは難しいことです。しかし、UV LED硬化技術は、自動車、医療用デバイス、航空宇宙、エレクトロニクス、パッケージングなど多くの産業にわたり、生産効率を10%以上向上すべく急速に進展しているのです。

UV LED硬化での製造に関する資料をご覧ください。

UV LED硬化でUV硬化製造プロセスを向上する5つの方法

UV LED硬化技術の商業用途は、エネルギー出力が向上し、入手可能なインクや接着剤、塗料が増えたことで急速に広がっています。ここでは、プロセス設計・開発のエンジニアに、UV LED硬化の簡単な紹介と共に、コンバーティングの生産ラインにおける利点、競合がひしめく中お客様の優位性を確実に保つために取るべき施策をご紹介します。

UV LED硬化が製造ラインのダウンタイムを短縮する方法

製造プロセスの設計・開発エンジニアにとって最も興味深いUV LED硬化の利点は、従来の高圧水銀有電極UVランプ硬化プロセスと比較し、ダウンタイムが短縮する可能性があることです。この点を掘り下げることは、お客様の製造プロセスへの影響を十分理解するのに役立ちます。。

ラミネート接着剤(フィルムとフィルム、フィルムと箔)、ハイドロゲル(経皮貼布)、ナノインプリントリソグラフィー などのワイドウェブコンバーティングプロセスに携わっておられる設計・開発のご担当者様は、 コンバーティングアプリケーションのためのUV LED硬化プロセス のページをご覧ください。.

to top