パイプやチューブのUVコーティングアプリケーション

金属パイプやチューブ、特に、亜鉛メッキ鋼は、フェンスポストや、スプリンクラーシステム、電線用導管、メカニカルチューブに使用されており、腐食を防ぐためや美的外観を向上させるために、製品に透明または、顔料を含むコーティングを行っています。

ほとんどの一般的な製管工場で行われていたオフラインコーティングの代わりに、UV硬化コーティングを用いることによってインラインコーティングを可能にし、より高い生産性を上げています。固形分100%の UV コーティングは、22.9~244m/min (75~800ft/min)の速度で、スプレー、減圧転写、フラッドアンドワイプコーティングで塗布されます。

  • 少ない労務費と仕掛品により生産コストを削減
  • 生産性を改善
  • 品質を向上し、製品を差別化
  • 設置面積を削減
  • エネルギーコストを削減
  • 有害汚染物質の排出量を低減

パイプとチューブのUVコーティング

へレウスノーブルライトのモジュラー型無電極UV硬化システムは、柔軟な配置が可能で、モジュラーデザイン、高出力のため、特に、インライン、オフラインのパイプやチューブコーティングに適しています。へレウスのカスタム技術のグループでは、様々な種類や大きさの金属パイプやチューブ向けの多くのUVチャンバーを設計、組立てています。

へレウスノーブルライトはまた、コーティング、硬化、ハンドリング、カット、すべての制御ができる完全なラインに、UV硬化装置を組み込んでいるパイプ、チューブのラインインテグレーターと親密に仕事をしています。

  • 電線用導管
  • 亜鉛メッキ金属フェンス柱
  • 消火用スプリンクラーのパイプ
  • 温室の金属チューブ
  • その他の保管や輸送時の防錆保護が必要なスチールパイプやチューブ