複合材料のUV(紫外線)硬化

繊維ガラスと炭素繊維複合材料製の部品は紫外線(UV)硬化できます。

ガラスロービングファイバーの引き抜き成形

UV硬化は、複合部品の硬化時間を数時間から数分に劇的に短縮します。さらに、湿度と温度に依存して変化する既存の触媒プロセスと比較して、プロセスに一貫性があり制御性にも優れています。UV硬化は、品質、一貫性、高い生産率が重要な大量生産品または少量の高価値部品のオープンモールディング、フィラメントワインド成形、プ引き抜き成形、3D印刷に特に有利です。

  • 生産率の向上
  • 製品の一貫性と品質の向上
  • 設置面積の削減
  • スクラップの削減
  • スチレン排出量の削減
  • 従業員の作業環境の改善

着色がほとんどされていないガラス繊維強化樹脂を使用する複合材プロセスは、UV硬化に最適です。但し、着色ゲルコート、フィラー入り樹脂、エポキシ樹脂の硬化プロセスも可能です。熱可塑性樹脂は架橋重合がおこらないため、UV硬化できません。

  • RVやトラックのパネル、その他のオープン成形品
  • 風車ブレード
  • SCBA(自給式呼吸器)およびその他のフィラメントワインド成形タンク
  • パイプ、マスト、ポール、その他の円筒形フィラメントワインド成形部品
  • 引き抜き成形での光ファイバ強度部材ロッド

これらの製品や他の製品のメーカーは、生産量を増やし、スチレンの排出量を減らす方法として、UV硬化を評価すべきです。