光ファイバー、ケーブル、ワイヤー向けの無電極UVランプシステム

高効率リフレクター

DRFシステム用I250P/W

へレウスノーブルライト独自の二次リフレクターは、UVエネルギーを集光し、ターゲット基材に対しての均一性が得られるように作られています。小径の高照度の無電極ランプと組み合わせて、高効率リフレクターを装着すると、UV硬化システムで、より高いUV照度が得られます。

モジュラー型UVランプ

へレウスの6インチまたは10インチのモジュラー式UVランプデザインによって、ドロータワー、カラーリングライン、コーティングシステム、ワイヤー、ケーブル製造ラインにおいて、自由にランプを配置することが可能となります。モジュラーデザインにより、制御の柔軟性と同様にメンテナンスや、置き換えが容易になります。

I250 DRFシステム

I250 DRF UV硬化システムは、光ファイバーやケーブルの製造において、光反応性コーティング、カラーリングインキ、リボン用マトリックスポリマーなどに使用されています。

へレウスの無電極UV硬化システム、DRFシステムの特徴は、以下の通りです:

  • 様々な発光スペクトルが得られる無電極ランプバルブが使用可能
  • 出力の選択ができる6インチまたは、10インチ幅のランプモジュール
  • ランプモジュールに適合した電源
  • ライトシールドと二次的な楕円リフレクターのハウジング(6インチ用にはF6、10インチ用にはF10T)。ハウジングには、二次リフレクター、石英チューブ、窒素用接続金具(オプション品)を含む
  • システムに適合した冷却エアー用のブロアー(オプション品)

UV硬化システムF10T2

オプションである二次リフレクターを搭載したライトシールドF10T2によって、硬化製品の監視が可能となり、石英チューブ、バルブ、リフレクターのメンテナンスが非常に簡便になります。

F10T2オプションのカタログはこちら (英)

I301M6インチランプモジュールが装着されたUV硬化システムC6-2

このUV硬化システムは、ワイヤー、ケーブル、他の線状製品に塗布するインキやコーティングの硬化に使われています。特に、高速のインクジェットマーキングや、ケーブル被覆に適しています。

へレウスのファイバー、ケーブル用の無電極UV硬化システムであるDRCシステムの特徴は、以下の通りです:

  • 異なる発光スペクトルの無電極ランプバルブが使用可能
  • 6インチまたは、10インチのランプモジュールにより、出力レベルの選択可能
  • 楕円状の二次リフレクターハウジングの装着されたライトシールド(6インチにはC6、10インチにはC10)の拡張が可能