コーティング乾燥への赤外線の応用

赤外線ヒーターは塗膜の乾燥、硬化に使用されています。コーティング剤や製品および生産プロセスはそれぞれ異なるため、どのような場合でも実験が重要になります。私たちのアプリケーションセンターでは、お客様とともに数多くのコーティング乾燥のテストをしてきました。

多くのコーティングプロセスには、水洗乾燥、水性系塗料の乾燥、粉体塗料の溶融や硬化など、熱エネルギーが必要不可欠です。

私たちは、 中波長赤外線ヒーター ガス触媒赤外線システム を取り揃えています。中波長赤外線ヒーターは特に水性塗料の塗膜に非常に良く適合しており水性乾燥に、ガス触媒赤外線システムは粉体塗料の乾燥に多く用いられており、生産のコストダウンと品質向上に貢献しています。他のコーティングプロセスでは、赤外線ヒーターは塗膜に透過し、基材全体を加熱するため、均一な乾燥、硬化が可能となります。ナノコーティングでは高温度が必要とされ、赤外線加熱が非常に有効であります。従来の温風による乾燥と比べ、私たちの赤外線ヒーターは多くの事例において乾燥工程を大幅に早め、生産効率を高めることに寄与しています。

一部のCookieのみを有効にされた場合は、コンテンツによってサービスが正しく機能しない場合がございますので、予めご了承ください。すべての機能をご活用いただく場合は、すべてのCookieを有効にしてください。Cookieの設定は、ブラウザの設定画面で変更できます。

You can change your preferences in the Cookieの設定.

赤外線によるコーティング乾燥の動画をご覧ください。

  • 非接触による熱乾燥が可能
  • 熱透過率が高い
  • 基材と塗装システムに波長を合わせることが可能
  • 早い応答性によって制御性に優れている
Sales

赤外線ヒーター・赤外線システムに関するお問い合わせ