自動車分野での赤外線加熱・乾燥プロセス

加熱、乾燥、熱硬化、熱溶着、接着、ラミネート、ばり取りなど、自動車分野では加熱プロセスが欠かせません。このような数多くのプロセスの課題には、赤外線ヒーターが効率の良いプロセスを創り出します。

赤外線ヒーターが車体の塗装乾燥で用いられていることは良く知られています。しかしこのアプリケーションは、自動車生産における赤外線技術を活かしたアプリケーションのうちのたった一つの例でしかありません。布製や革製カーシートのしわ取り、フロントガラス洗浄液用タンクの 熱溶着 、ダッシュボードの成形など、細かい自動車部品の製造から自動車の生産まで、赤外線を要する工程は数多くあります。

赤外線ヒーターは自動車業界において実に200以上の生産工程で用いられています。ヘレウスの赤外線ヒーターの利点は、自動車の非常に特殊な生産プロセスに合わせフレキシブルに設計できるという点にあります。生産プロセスに最適化された赤外線システムは、プロセス時間の短縮化、コスト削減、省エネルギーなど、プロセスに高効率化をもたらします。

一部のCookieのみを有効にされた場合は、コンテンツによってサービスが正しく機能しない場合がございますので、予めご了承ください。すべての機能をご活用いただく場合は、すべてのCookieを有効にしてください。Cookieの設定は、ブラウザの設定画面で変更できます。

You can change your preferences in the Cookieの設定.

ムーンルーフに用いられる赤外線加熱の様子をご覧ください。

赤外線加熱プロセスを用いる主な理由

  • 電圧や出力を精密に調整することができる
  • エッジや周縁を精密に加熱することができる
  • 短い応答時間で赤外線ヒーターの制御が容易

赤外線加熱・乾燥システム導入事例

自動車ガラスのロボットセル生産に組み込める赤外線加熱システム
赤外線のロボットセル生産への活用法と、赤外線による自動車ガラスの接着剤再活性化についての動画をご覧ください。

イギリス・キャッスルブロムウィッチにあるDura Automotive Systems社では、ヘレウスノーブルライトのカスタム赤外線加熱システムをロボットセル内に設置し、加熱プロセスの効率化と熱可塑性樹脂成形品の高密着性を得ています。

赤外線ヒーターでエアバッグの製造工程を改善

エアバッグに用いられるクッションは素材としてナイロン66が使われ、予期せぬ自動車衝突時に即かつ確実に膨張するように特殊な方法でたたまれています。この素材の水分率は3~5%ですが、これを2%にまで下げ、かねてより課題であったシリコンコーティング表面の密着性と、ウェブの表面品質を解決するために、ヘレウスの中波長カーボン赤外線システムが採用された事例です。

石英リフレクターQRC® nano赤外線ヒーターで自動車用サスペンションスプリングの品質を向上

サスペンションスプリングのメーカーであるドイツのAhle Federn社は、乗用車やバイク用サスペンションスプリングの塗装乾燥の品質向上のために、既存の生産プロセスに大きな変更を加えることなく、ヘレウスの赤外線システムを導入しています。品質向上のために、二液型塗料を使いスプリングに予備加熱した上で塗装したという導入事例です。

合金ホイールの粉体塗装乾燥 赤外線で乾燥プロセス上のメリットを得る

自動車業界向けアルミホイールのあるグローバルサプライヤーは、自動車用合金ホイールの粉体塗装乾燥に赤外線を活用しています。

非接触による赤外線乾燥で、ラインスピードと乾燥の仕上がり品質を向上しています。

新しいJaguar XJシリーズのスポイラーの接着に役立つ赤外線

Jaguarの新しいXJシリーズの生産におけるリアスポイラーと、2つのリアエンブレムの接着には、カスタム赤外線システムと小型の赤外線システムが活用されています。

生産ラインの速度に合わせて2工程が同時にかつ容易に行えるようになったことで、生産ラインの効率化が実現している事例です。

Sales

赤外線ヒーター・赤外線システムに関するお問い合わせ