紫外-可視分光法(UV-VIS)

紫外-可視分光法(UV-Vis)は、主に有機分子の紫外光(100~300nm)と可視光(380~790nm)領域の吸収を測定する分光法です。

Lamps for UV VIS spectroscopy

分子内の電子は紫外・可視光領域で励起され、異なるエネルギーレベルに遷移します。この遷移過程で特定の波長を吸光し、回転エネルギーおよび振動エネルギーと共にスペクトル中に吸収帯ができます。

UV-Vis法では主に重水素ランプ(紫外線)とタングステンハロゲンランプ(可視光)が光源として用いられます。へレウスでは、重水素ランプとタングステンハロゲンランプを一体化した光源モジュールであるFiberLight® D2 をご提案しています。