自動車産業における乾燥と硬化

自動車産業における乾燥と硬化

自動車のボディ向けのニスや、外装や内装の耐傷つきコーティング、タンクや金属ばねの防錆コーティング、プラスチック部品のバリ取り、ガラスパネルへのスクリーン印刷、コントロールユニットへのコンフォーマルコーティングは、トリムパネルやリア・スポイラーへの接着、数多くの基材への標識、さらに多くの用途があります。

接着剤、エナメルやペイントといったコーティングは、車の内部の多くの箇所に塗布され、乾燥されています。

プロセスに応じて、コーティング剤は、加熱であったり、UV硬化であったり、またはその両方の技術が必要となります。

UV技術による乾燥と硬化

UV照射では、塗料、インキ、接着剤といったコーティング剤は数秒以内に効率的に硬化します。

これによって、製品のより速い製造が可能となります。さらにUV硬化によって、長寿命で耐摩耗性や、耐スクラッチ性の高い表面が得られます。

アプリケーション例:

  • IMDハードコート(インモールドデコレーション)
  • 操作ユニットのコンフォーマルコーティング
  • ケーブル、ホース、部品などへのラベリング
  • 反射鏡のハウジング
  • ヘッドランプレンズ
  • アンダーフード部品
  • 内装コーティング
  • 軽量アロイリム
  • 本体横のモール

赤外線加熱による乾燥と硬化

赤外線ヒーターは、高いエネルギーが正確にもっとも効率よく吸収され、個々の材料の中で熱に変換されるような波長で発光します。高出力の熱が非接触で数秒以内に放射されます。

個々の製品や工程に合うよう調整することができ、また正確に製品の外形に沿って作ることができるため、非常に小さなエリアのみを加熱することもできます。

アプリケーション例:

  • 金属ホィールリムのコーティング
  • 石油タンクのコーティング
  • コーティング前のエアバック繊維
  • バンパーの塗装
  • 部品の粉体塗装
  • 石による傷の保護コーティング

赤外線加熱とUV硬化の利点: