インクジェット印刷工程

インクジェット市場の成長に伴い、UV硬化とIR乾燥の使用も増加しています。印刷機械メーカーは、お客さまが求める柔軟性、迅速な切り替え、パーソナライズ機能を実現するため、インクジェット印刷方式を取り入れています。

デジタル印刷のインキにUV硬化が用いられる理由

Example
  • 環境に配慮
  • 印刷物の生産速度が向上
  • 印刷の仕上がり品質の向上
  • 高機能な性能(耐スクラッチ性、耐溶剤性、耐摩耗性)を実現
  • コストを削減
  • ターンアラウンドタイムを短縮

UV LED技術は、従来のUV硬化技術に比べて、インクジェット印刷機械メーカーによく採用されています。その理由は次の通りです:

  • 組み込み易い
  • 省エネルギー(例:エネルギー使用量、接続電力量)
  • プロセスの柔軟性に優れている
  • 赤外線放射が少ない
  • 所有コストを削減し、作業者の安全を確保できる

UV LED および 無電極UVランプシステム製品 の詳細はこちら

インクジェット印刷の水性インクの乾燥に赤外線が用いられる理由

インクジェット印刷の水性インク乾燥に用いられる赤外線

インクジェット印刷では、請求書、ラベル、フォーム、カード、試合のチケットなどをパーソナライズして印刷することができます。そのためには、印刷物の種類に合わせて、インクをできるだけ早く乾燥させる必要があります。

これに最適なのが赤外線乾燥技術です:

  • 自然乾燥よりもエネルギー効率が高い
  • 柔軟な制御ができ、狭い設置スペースしかない印刷機械への組み込みが容易
  • プロセスへの信頼性の高く、安定した乾燥が可能

カーボン赤外線(CIR)ヒーター 中波長赤外線ヒーター 、印刷機械メーカー様向けの Infradry の詳細はこちら