金属コンテナの加飾やコーティングアプリケーション

金属コンテナ産業では、1960年代後半から始まったUV硬化技術を採用しており、UV加飾インキや機能性コーティングを使用しています。UV硬化は、製品を改善する製造を可能にし、生産性を向上します。お客様にとって、さらにそのエンドユーザーにとって、環境にやさしいプロセスとなります。飲料や食料の製造業者だけでなく、2ピース缶や3ピース缶などのスチールやアルミニウムの生産者たちも、UV硬化が理想的なソリューションであると考えています。

コーティングや加飾のアプリケーション

UVリムコーティング

へレウスノーブルライトは、1990年代初期より、先駆的なスチールやアルミニウム飲料缶のUVリムコーティングに貢献してきました。缶のボトムリムは、UVコーティングをおこなうことによって、製造や飲料の充填作業中に、缶がコンベア―に沿って移動するときに、滑らかな可動性が付与され、堅牢性の高い表面が得られています。UVコーティングは、一般的にローラーコーティングで塗布されます。

UVリムコーティングの利点:

  • 引っ掛かりや、漏れによるスクラップ率を低下
  • 金属微粉の軽減によるメンテナンスを削減
  • 腐食防止性能を改良
  • ダウンタイムを引き起こす引っ掛かりを削減することにより、生産速度を増大
  • 既存のコンベアベルトの輸送能力を増大
  • 揮発有機化合物(VOC)や有害大気汚染物質(HAP)がない

缶コーティングと加飾

2ピース缶や3ピース缶は、UV硬化コーティングやインキによって、コーティングや加飾されています。実際、へレウスノーブルライトアメリカが、最初の2ピース缶用のUV加飾ラインを導入したのは、1970年代です。通常、2ピース缶は、引き抜きによって成形され、オフセット印刷、ニスの塗布を経てUV硬化されます。一方で、3ピース缶は、金属シートをカットするところから始まり、成形よりも前に、両面にコーティングを行います。外面のコーティングは、腐食を防ぎ、ベースコート、プライマーコート、加飾インキ、上塗りニスなどを含みます。固形分100%のUVインキは、シートにオフセット印刷され、その上にUV硬化型上塗りニスがロールコートされ、UV照射が行われます。

UV硬化缶コーティングの利点:

  • 設置面積を削減
  • 生産コストを低減
  • 増加する生産の要求に対して容易に拡張可能
  • 工程が環境配慮型である