UV硬化による金属への印刷と加飾

UV硬化型インキやコーティングは、耐腐食性を向上させるため、製品をアピールするために、スチールや亜鉛メッキ鋼、アルミニウムといった金属基材に用いられています。例えば、金属のネームプレートやIDタグは、UVインキでシルクスクリーン印刷されています。オイルフィルターや、ポータブルプロパンガスのタンク(ガスボンベ)や自動車の部品は、100%固形分のUV液体コーティングでスプレーされています。

へレウスでは、お客様や金属への直接のUVコーティングを専門としたフォーミュレーターとともに取り組み、お客様の要求に合致するUV硬化プロセスをご提案しています。

  • 生産コストを削減
  • 生産性を向上
  • スクラップ率の低減―低温でのプロセスにより、組立の途中での部品への印刷が可能となり、ダメージを排除できる
  • 設置場所を大きく軽減できる
  • エネルギーコストを削減
  • 環境への有害物質排出を軽減

  • オイルフィルターのハウジング
  • ポータブルプロパンガスのタンク
  • IDネームプレート・タグ
  • ホィール、ブレーキローター、スターター、オルタネーターといった自動車部品
  • コイルコーティング
  • 電化製品や消費者向け製品