UV硬化によるプラスチックの加飾とコーティング

さまざまなプラスチック製品メーカーがUV硬化を用いて生産性を高め、製品の外観と耐久性を向上させています

UV硬化によるプラスチックコーティング

プラスチック製品は、UV硬化型インクとコーティングで加飾、コーティングされ、見栄えと性能の両方が向上しています。通常、プラスチック部品は、UV硬化型インクまたはコーティングの密着性を向上させるために前処理されています。UV硬化型加飾インクは一般的に、スクリーン印刷、インクジェット印刷、パッド印刷、オフセット印刷されたのちにUV硬化されます。

耐薬品性、耐傷付性、潤滑性、滑らかさ、その他の特性のあるほとんどのUV硬化型コーティング、一般的にはクリアコーティングは、スプレー塗布されUV硬化されます。UV硬化装置は、自動のコーティングおよび加飾機に組み込まれているか、または後付けされており、そのプロセスは通常、高い処理能力のある生産ラインの1つとして組み込まれています。

  • 製品品質と耐久性の向上
  • 生産率の向上
  • 熱に弱いプラスチックを損傷することなくコーティングおよび加飾できる柔軟性
  • 設置面積の縮小化
  • VOCの排出がなく、消費エネルギーが少ないため、環境配慮型プロセス

  • スマートフォンケース、ディスプレイスクリーン、ヘッドライトのレンズなど、家電および自動車部品の保護コーティング
  • ヨーグルトカップ、化粧品容器、飲料のボトルとキャップなどのパッケージの加飾
  • カテーテルの機能性コーティング
  • 眼鏡およびその他の光学レンズの保護コーティング
  • ノブ、ディスプレイ、キーボード、注射器、ペンやキーホルダーなどのブランドの販促品の加飾と印刷