コンバーティングやシリコーン処理におけるUV硬化

より高い生産性、機能性、熱に弱い基材へのコーティングを硬化可能といった能力があるため、製造業者、広幅のウェブコンバーティングコーター、シリコーン処理オペレーターはUV硬化技術を用いています。

コンバーティングやシリコーン処理におけるUV硬化

UV硬化技術の利用は、様々な中間体や最終製品のなかで、フィルム製品へのハードコート、箔への加飾、接着剤による張り合わせ、紙、フィルムや箔へのシリコーンコーティングに広がっています。へレウスノーブルライトの 無電極UVランプ Semray UV LED硬化システム は、高出力であるだけでなく、長寿命であり、かつウェブ幅に対して均一で、経年で安定した出力を維持します。最小限の無駄とダウンタイムを維持しつつ、高い生産性を保証することは、これらの高速生産ラインにおいて絶対不可となります。

  • 生産性の向上
  • 熱に弱い材料を生産できる能力
  • 耐摩耗性や耐薬品性といった機能性の向上
  • スクラップ率の低減
  • 生産に対するより高い柔軟性
  • エネルギー削減と設置面積の削減
  • ウィンドウフィルム、電子材料や医療や光学フィルム関連のフィルムや、紙などに対して耐摩耗性や耐薬品性を向上するトップコート
  • 加飾用の箔や既製組立家具用の紙、枠形状、MDFやパーティクルボードでできたキャビネット、売り場装飾品などへの保護コーティング(耐傷付き性、耐汚染性、防湿性など)
  • 包装材フィルムや紙へのインキの受理性向上
  • 粘着剤のラベル、テープ、医療包帯、衛生製品むけの剥離シートコーティング
  • フィルムへのパターンを形成するナノインプリントリソグラフィーや他のプロセス
  • 貼り合わせ接着剤の硬化(フィルムとフィルム、フィルムと箔、フィルムと紙)
  • 経皮性のハイドロゲルや貼付剤