食品加工での赤外線加熱・乾燥プロセス

食品加工での赤外線加熱・乾燥プロセス

チョコレートのフィリング充填、調理済みの食品の焼き色付け、パンなどの滅菌、食品の乾燥など、赤外線ヒーターは食品加工プロセスにおいても使用されています。

赤外線は、非接触型の輻射加熱です。制御性に優れ、必要な時だけ加熱することが可能です。

ヘレウスでは、食品加工での赤外線加熱・乾燥プロセスに、 赤外線ヒーター 、または ガス触媒赤外線 をお客様のご要望に合わせてご提案しています。

導入事例

食材の乾燥

食品の乾燥で最も使用されているのは、ガス触媒赤外線オーブンと従来の対流式オーブンです。この2つの方法には、乾燥速度、適合性、コストに関する重要な違いがあります。

ガス触媒赤外線エネルギーの主な利点の1つは、水などの有機物質に適用するとすぐに吸収されることです。これは、水は加熱されて非常に迅速に蒸発することを意味し、乾燥する食品全体の非常に低いレベルの空気移動によって達成されます。

さらに、水分含量が高いほど、吸収される赤外線の割合が大きくなることも利点です。このような特長から、より迅速な乾燥プロセスが可能になります。

続きを読む

パンの賞味期限が数日延長する赤外線による滅菌処理

パンの賞味期限が数日延長する赤外線による滅菌処理

パンの製造において大きな問題の1つは、焼き上げと梱包までの間に発生するパン表面のカビの発生です。カビ胞子は製パン工場内に自然に存在しており、パンが包装される前にパンが冷えるとカビが発生してしまいます。

ヘレウス製カーボン赤外線(CIR®)加熱システムを4秒間照射することにより、梱包前の焼きたてのパンの黴の発生を減らし、パンの賞味期限を3~4日大幅に延ばすことができました。

続きを読む

カーボン赤外線ヒーターによるチョコレートのテンパリング

カーボン赤外線ヒーターによるチョコレートのテンパリング

プラリネの製造工程にも赤外線ヒーターが多く使われています。フィリング充填前に半分に成型されたチョコレートは、あらかじめ縁を加熱され、一つに成型されます。製造終了後は、チョコレートの型を清掃するため、製造中に残ってしまったチョコレートを赤外線で融かしてから清掃します。

すべての加熱工程は、温度と加温時間の精密な制御が必要です。 赤外線ヒーターは応答性に優れているため、精密な制御を要求される工程に最適な熱源です。この精密な制御によって、高品質なチョコレートに仕上げることができます。

続きを読む

赤外線ヒーターによるジャムの充填プロセスの効率化とジャムの保存

赤外線ヒーターによるジャムの充填プロセスの効率化とジャムの保存

Duerr社は、瓶詰めラインにおいて温かいジャムを連続で充填し、豊富な種類のジャムを製造しています。

充填する前に、瓶を洗浄する必要があり、以前この工程は温水が使われていました。瓶は-5℃の低温で保存され、一方充填されるジャムの温度は97℃にまで達するため、熱衝撃やガラスの破損を防ぐために熱が必要でした。ガラスメーカーが推奨していた最高温度差は、84℃でした。温水洗浄では、瓶を温水で予熱していました。しかし、長年温水を使用されていた工場では、ますます非効率的になり、その結果、水の消費量が増えコストが嵩んでいました。

続きを読む

赤外線ヒーターによる食品の焼き色付け
  • パンやケーキのベーキング
  • 油分を使用しないロースト
  • ソーセージの調理
  • 成形前のウェハースのプレ加熱
  • チキンストリップスの表面の焼き付け
  • ワッフルの焼き付け
  • 加熱しながらの魚介類の殻取
  • ラスクの焼き付け
  • 野菜グリル
  • シリアル用ポップコーン作り
  • 肉やチーズなどの銘柄の焼き印
to top