食品加工産業向けソリューション

お客さまのアプリケーションに応じた加熱プロセス、表面の抗菌、光分析

食品加工に用いられる赤外線

パッケージ表面を抗菌後にヨーグルトを充填する、パンを長持ちさせる、ボトルと蓋を抗菌する、チョコレートを加工する、すべての原材料を分析する、このような食品加工産業で行われる作業には、ヘレウスの特殊光源が使われています。

食品産業における多くのアプリケーションで最優先事項となっているのは、衛生的な丁重な処理で、これはどの食品アプリケーションにも共通しています。

工業用食品加工で用いられる強力な紫外線の光

紫外線の表面処理

紫外線による包装材とコンベヤーの確実な表面の抗菌処理

食品生産では汚染防止が最優先事項であるため、細菌を完全に除去する必要があります。これは、紫外線の光で行うことができます。紫外線による抗菌処理は、化学薬品や高価な洗浄プロセスが不要で、非常に環境にやさしい方法です。

紫外線(UVC)による包装材と表面の抗菌処理


油脂と臭気の効率的な低減

特に業務用厨房や工業用食品加工工程で油脂や油を使用すると、不快な臭気や蓄積物の原因となります。天蓋や排気フードの油脂の蓄積物は、油脂セパレーターが排気中の油脂を最大95%までしか捕集できないため、火災の主な原因となっています。補修されない残りの油脂は、フード本体と排気ダクト内に沈殿します。紫外線が油脂や臭気の元となる分子を光分解、破壊、中和し、空気と排気ダクトをきれいに保ちます。

紫外線による厨房での酸化


化学物質を使わない工業用水処理

食品や水中の塩素は味に影響を与え、環境に有害です。 汚染された水は、塩素やオゾンなどの化学薬品を追加することなく、高エネルギーの紫外線で処理できます。 抗菌や高度な酸化は、水を処理するために使用できる2つの方法です。

紫外線による飲用水の抗菌処理

キセノンフラッシュによる抗菌

キセノンフラッシュによる抗菌

パッケージングやボトルへの充填など、食品や飲料産業では、通常は1秒未満の短時間内に、高レベルの抗菌が必要になるアプリケーションがあります。

キセノンフラッシュランプが放射する光は、細菌や他の微生物に働きかけることによって効果的に除去することができます。キセノンフラッシュランプによって達成可能な高照度の光は、産業の要求に応じて、抗菌プロセスを非常に短時間で行えることを意味します。したがって、短時間で抗菌処理ができるため、基材の温度が低温のまま、つまり基材への熱ダメージなどの影響がないことを意味しています。

赤外線による信頼性のある加熱プロセス

赤外線による信頼性のある加熱プロセス

食品加工業界では、チョコレートの加工、キャンディーの充填、調理済み食品への焼き色付け、食品表面の加熱処理:食品の過熱を防ぐ正確な温度制御が必要です。赤外線ヒーターは、非接触で必要なだけ熱を輻射します。

赤外線による加熱のアプリケーション例:

  • チョコレート製造工程における、充填する金型の予備加熱や成形するチョコレートの縁の溶融
  • 調理済み食品や、ハムやハンバーグの焼き色付け
  • デザート、ビスケット、ケーキの焼き色付け:赤外線加熱は、アーモンドを簡単に粉砕したり、砂糖をカラメル化したり、チーズケーキに美味しそうな焼き色を付けたりする際に役立っています。
  • 袋詰め前のパン表面の細菌を減らし、保存期間をより長くするのに役立っています

正確な光分析のための光源

食品加工業界で用いられる分析用光源

現代の加工食品には、さまざまな添加物が加えられ、保存期間が延長されています。肥満や心臓病を予防するために、砂糖と塩分の添加量が管理されています。 微量元素または汚染物質は、食品をより健康的で消化しやすくするために特定されています。ヘレウスの重水素ランプ、タングステンランプ、ホローカソードランプは、食品の汚染物質を検出するための高速液体クロマトグラフィー(HPLC)、紫外可視分光法(UV/Vis)、原子吸光分析法(AAS)などの分析技術に用いられています。