プラスチックのコーティング乾燥と硬化

プラスチックコーティングの乾燥と硬化

電子デバイス、最新型の車、コンピューターには、プラスチック製の部品が多く使用されています。シフトレバー、キーボード、キーパネル、加飾部品の表面は製品の良質な見栄えが重要になるため、それら表面には透明なニスや着色ベースコートなどで印刷やコーティングが施されています。

プロセスや、プラスチックコーティングによっては、乾燥や硬化に必要なのは、熱であったり、UVであったり、またはその両方になります。

赤外線加熱による乾燥と硬化

赤外線照射は、材料中に浸透し、塗料に依存せず、内部から外部へと印刷されたフィルムの乾燥が可能です。表面の皮張りや気泡の発生が抑制され、インキはより高速で乾燥します。その結果、素晴らしい表面の品質が得られます。その境界となる条件は、塗料系によって変わってきます。

アプリケーション例

  • バンパーへの水系塗料の塗装
  • エアバッグ繊維
  • ソケットやスイッチ
  • キーパッドの保護用ニス
  • 印刷インキ

UV技術による乾燥と硬化

多くのプラスチック製品は、UV照射によって硬化する透明なUV硬化塗料やスプレーで印刷されています。UV光で硬化するコーティングは、耐スクラッチ性があり、プラスチック製品の外観や性能を改善します。

アプリケーション例:

  • 携帯電話の筐体、TVセットの筐体
  • 自動車内装や外装部品の加飾、ヘッドランプレンズ
  • 食品パッケージ、飲料ボトル、ヨーグルト容器、ポリスチレンカップ
  • メガネレンズ
  • 広告材料
  • コンピューターのキーボード

赤外線加熱とUV照射の利点: