金属向けのインキと塗装とコーティングの乾燥と硬化

金属缶やパイプや他の製品の製造には、部品の加飾、保護のためUV硬化が使われており、劇的に生産効率が改善されています。

UV Can coating and decorating

金属基材へのUV硬化は、飲料缶や、パイプやチューブの加飾や機能性コーティングやネームプレート、識別タグの加飾といったアプリケーションにおいて、今では共通のものとなっています。加えて、プロパンガスタンクから自動車アンダーフード部品、オイルフィルターハウジング、モーター組み立てといった金属部品への広範囲にわたるコーティングは、UVで硬化されています。多くのUV硬化されている金属部品は三次元硬化が必要とされており、へレウスノーブルライト無電極ランプシステムは理想的なランプです。

金属アプリケーションにおけるUV硬化をご覧ください。: