eモビリティの性能限界を引き上げるヘレウスの白金温度センサ

電気自動車の充電時間を短縮するためには、より効率的に電力を伝達することが求められます。同時に、高エネルギーの伝達には、充電プラグの安全性も求められます。ヘレウスのセンサ事業部であるヘレウス・ネクセンソス社では、信頼性の高い白金温度センサを用いたソリューションを提案しています。高い負荷に耐え、一貫して高いレベルの安全性を提供することができます。 充電プラグに内蔵されている温度センサが精密に温度測定することで、負荷限界においてより長く動作させることができます。

電気自動車には、いかに短時間でより多くの電力を得るか、という充電時間の課題があります。これは、将来効率的なeモビリティを確立する上で欠かせない議論です。しかし、充電時間の最適化は、主に安全性の観点から限界に達しつつあります。充電プラグは長期間にわたって確実に機能する必要があるだけでなく、充電容量も長期間にわたって安定した状態を維持する必要があります。ここでの大きな課題は、プラグと車両側のインレットの両方を損傷する可能性がある、高いエネルギー伝達によって発生する熱です。ユーザーと充電デバイスを確実に保護するために、ヘレウスの白金温度センサは、温度が上昇し始めたことをすぐに検出する精密なもので、耐用年数全体にわたって正確でドリフトのない測定が可能です。

eモビリティの将来に向けて最適化

ヘレウス・ネクセンソス社のアプリケーションエンジニアリング部門責任者であるマーティン・バイフスは、「薄膜白金センサは長期安定性が証明されており、ドリフトがなく、応答性、精度に優れているため、最高の安全要件を満たします」と、コメントしています。つまり、開発を推進すること、パフォーマンスを向上することに対し、障壁になるものは何もないことを意味しています。例えばプリント基板タイプの白金温度センサは、熱量測定のために特別な設計が施されています。これらの設計は、コストの最小化、エレクトロニクス業界の厳しい要件を満たすこと、完全に自動化された更なるアッセンブリー工程を想定して実施されました。

プリント基板タイプには、SMDという表面実装タイプの白金温度センサが予め実装されています。センサは収縮チューブや金属製のスプリングにマウントされ、金属ピンに直に接続できます。このようなフレキシブルな接続方法は、熱伝導性を優位にする可能性を切り開きます。金属ピンに直接接続することで、短い測温反応により充電プラグを確実に保護します。

成長市場での実績

eモビリティ向けの信頼性の高い技術に対する需要は、特にアジアにおいて着実に高まっています。中国は市場をリードしており、電気自動車とプラグインハイブリッドのクォータを導入している一方で、政府の補助金も市場を後押ししています。eモビリティは、ヨーロッパでも急速に拡大しています。バイフスは、「高効率なセンサを用いることは、国際競争における最も重要な成功要因の1つです。当社の技術的な専門知識は、フェニックスコンタクト社のような世界的なエレクトロニクスメーカーにも絶大な信頼を得ています」と、コメントしています。

ヘレウスでは、eモビリティに特化した白金温度センサを、6月25日から27日までドイツ・ニュールンベルクで開催された展示会「Sensor + Test」でご紹介しました。

日本においても、eモビリティに特化した白金温度センサをご紹介して参ります。

to top
You have not agreed to all cookies, which limits the use of the website and performance. To be able to use our website to its full extent, please agree to all cookies. You can change your preferences in the cookie settings.