印刷機械ユーザーのための赤外線乾燥とUV硬化

次期印刷機械や既存の印刷機械の改造のために、赤外線乾燥とUV硬化についての詳細をご覧ください

オフセット印刷、デジタルインクジェット印刷、フレキソ印刷、スクリーン印刷のいずれの印刷工程であっても、赤外線乾燥やUV硬化を活用することで、次のような大きなメリットが得られます:

  • 高いエネルギー効率と低いメンテナンス性による生産コストの削減
  • 印刷ジョブの切り替えの高速化、ダウンタイムの短縮、安定した印刷品質、インライン工程の実現による生産性の向上
  • 熱に弱い基材や新しいタイプの印刷ジョブにも柔軟に対応する対応能力の向上
  • 省スペースで優れた制御性による容易な既存印刷機械への後付け
  • VOCを含まず、二酸化炭素の排出量が少なく、エネルギー効率が高いことによる環境配慮型プロセス

次の資料を是非ご活用ください

印刷機械のために包括的にご提案している赤外線乾燥とUV硬化ソリューション

製品の詳細情報はこちら:

印刷機械用赤外線乾燥

カーボン赤外線ヒーター(CIR): 水性インクの乾燥に最適なシステム

Infradry: 赤外線ヒーターと風を組み合せたハイブリッド型ユニット

印刷機械用UV硬化装置

Amba® UV硬化装置用および交換用中圧UVランプ

Fシリーズ: プラスチックやガラスへのナローウェブのスクリーン印刷、工業用印刷に最適な無電極UVランプシステム

UV LED硬化システム: 水冷式 または 空冷式 のモジュール式プラグ&プレイ方式を採用した硬化システム。Semray® UV4103(空冷式)やSemray® UV5000 & UV7000(コンパクトな水冷式、最高出力UV)など